認知機能の低下により人間関係の悪化が懸念されています。

現在40代前半ながら認知機能がかなり低下していて、このままでは認知症になる年齢が早くなるのではと心配しています。認知機能が低下していることについては、現在専門の医療機関を定期的に受診して様子を見ているのですが、現時点では問題はないとのことでした。

しかしながら今では1分前の出来事をすっかり忘れていたり道に迷ってしまったりするなど顕著な物忘れが見られてしまってとても不安を感じています。

私がこのような認知機能が低下したきっかけとしては、5年前に当時妊娠していて切迫早産と診断されて約2か月間入院していたことだと思っています。

約2か月間安静入院していたのですが、退院後に日常生活に戻ろうとしても自宅がどこかわからなくなったりあるいは人に頼まれたことをすぐに忘れてしまったりして相手からとがめられてしまいトラブルになることもありました。

産後当時入院していた医療機関をはじめ、内科や自治体の保健師などさまざまなところに認知機能の低下についての悩みを相談したのですが、まだ年齢が30代半ばだからそのうち症状も落ち着くだろうから大丈夫だとか日常生活にひどく支障が出ていないから問題ないと言われるばかりで何の対処もできませんでした。

良くなるどころか悩みが増えるばかりです

夫は私の認知機能が低下していることにひどくいら立ちを覚えてしまい、夫婦関係がいっぺんに悪くなりました。一時期は別居生活をしていたこともありました。

もうこのような状態になってから5年が経過していますが、最近では加齢も影響しているのか認知機能はますますひどくなったような気がしています。

また厄介なことにこの数年間は自治会の役員やPTAの役員をしなければならない状態になることから、おそらく周囲には私が認知機能が低下しているということが知れ渡ってしまうのではと思われます。

私が住んでいるのはとても田舎で、家族構成はもちろん誰にも話をしていないと思われるのにいつの間にか年齢や勤務先、病歴などが近所一帯に知れ渡るような状態です。

現時点では私の認知機能の低下は知れ渡っていない状態ですが、地域の人たちと関わる機会が増えることで私の現在の状態も知れ渡るに違いないことから、義両親からもとがめられてしまうとも思われます。その際は最悪離婚も考えないといけないと思われます。

なので今後は認知機能が低下していても仕事ができるよう自分で生活可能な状態にしておかなければいけないと思っています。

顔のシミを消す意外な方法(消し方)とは